日本史オンライン講座

高校の社会科教師を退職して日本史を勉強しなおそうと思い、秦野裕介先生を講師に迎えて、日本史オンライン講座を作りました。木曜夜にZOOMでライブを発信し、週末に録画を公開しています。
 0794-85-2132
お問い合わせ

戦国大名家

2021.09.23 相模三浦氏

平良文を祖とする坂東八平氏の一つ。三浦義明の娘が源義平の母であるなど源義朝と関係が深く、源頼朝の挙兵に加わって鎌倉幕府の有力御家人となった。宝治合戦で滅びるものの支流正木氏の娘が紀州藩主徳川頼宣・水戸藩主頼房を産んでいる。

 Vimeoで見る 全画面再生が可能

 

2021.09.16 陸奥相馬氏

平忠常の子孫、房総平氏は下総の相馬御厨を領有していた。鎌倉時代、千葉常胤の次男師常が相馬御厨を相続して、下総相馬氏と陸奥相馬氏が成立する。このうち陸奥相馬氏が戦国大名に成長し、伊達氏・佐竹氏・葦名氏などと戦いを繰り広げた。

Vimeoで見る 全画面再生が可能

 

 

2021.09.09 上野新田氏 

源義国の長子新田義重から新田氏、義重の弟足利義康から足利氏が始まる。鎌倉幕府では新田氏は足利氏に従属していた。南北朝の動乱で、新田義貞は南朝の主力として活躍するが、義貞・義宗父子は北陸で戦死する。新田義宗の末裔と自称する岩松氏と由良氏が戦国大名を目指したが。

Vimeoで見る 全画面再生が可能 

 

2021.09.02 常陸小田氏

小田氏は、鎌倉殿の十三人の一人で常陸守護八田知家から始まり、室町時代は関東八屋形の一つという名族であった。戦国時代、小田政治のとき全盛期を迎えたが、小田氏治は北条・佐竹という二大勢力に挟まれて「最弱の大名」と呼ばれるようになる。しかし、敗れても敗れても、小田氏治はたびたび小田城を奪回し、民衆の支持を受けた。

Vimeoで見る 全画面再生が可能

 

2021.08.26 下野宇都宮氏

宇都宮氏は、藤原宗円が下野国一宮(宇都宮)の別当になったことから始まる。宇都宮朝綱が源頼朝の挙兵に参加して勢力を拡大した。室町時代、宇都宮成綱が古河公方の内部争いで足利高基を支持して戦国大名化を図り、宇都宮国綱のときに豊臣秀吉の北条征伐を迎えた。

Vimeoで見る 全画面再生が可能

 

2021.08.19 安房里見氏

里見氏は新田氏の庶流になる。新田義重の庶長子新田義俊が上野国里見郷から里見氏と称し、源頼朝の挙兵に加わり御家人となる。室町時代、里見義実が安房に入り、安房里見氏の祖になったとされてきた。戦国時代に、里見義堯は上総や下総に所領を拡大し、北条氏と戦うなど里見氏の全盛期を築く。

Vimeoで見る 全画面再生が可能

 

2021.07.29-08.12 常陸佐竹氏

佐竹氏は源義光が房総平氏と連携して常陸に地盤を築いたことから始まる。南北朝では北朝方につき、鎌倉府から関東八屋形の一つに認められる。佐竹義舜が佐竹氏の統一に成功し、佐竹義重が有力な戦国大名に成長させた。義重は常陸を統一して北条氏に対抗した。

 

 

 

 

 

2021.07.01-2021.07.22 関東管領上杉氏

 

2021.10.28 Thursday