日本史オンライン講座

自宅で珈琲を飲みながらオンラインで学ぶ日本史講座。研究者を囲んで学ぶ文学部レベルの講座(研究者と学ぶ日本史講座)と高校日本史をベースに市民講座向けにアレンジした講座(大人のための高校日本史講座)があります。
 090-5016-4520
お問い合わせ

インフォメーション

2019 / 03 / 05  22:52

系図で学ぶ高校日本史

高校日本史の教科書は時系列で記述されていない。収録されている系図はわかりにくい。そこで、わかりやすい系図を作り、それに沿って時系列で日本史を説明していく動画を作ってみた。

説明を系図という幹に絞り枝葉末節を省略すると、わかりやすい日本史になった。天皇の系図はすべての時代を作成、平安時代になると藤原氏の系図、鎌倉・室町・江戸時代になると将軍の系図を作り、天皇系図に関連付けて神武天皇から幕末の孝明天皇までを説明する予定。

第一回は、初代の神武天皇から15代の神功皇后まで。明治初め、天皇の入れ替えが行われて弘文天皇などが追加され、神功皇后は外された。(15)とあるのはそういう理由で、現在は神功皇后の子、応神天皇が15代とされている。

2019 / 03 / 02  22:28

蝦夷地と室町幕府

『東日流外三郡誌』がきっかけとなって注目された津軽安藤氏。

現在、『東日流外三郡誌』は「偽史」と認定されていますが、一次史料からわかる津軽安藤氏は曖昧なものにとどまります。『地蔵菩薩霊験記』の安藤五郎を津軽安藤氏と関連づけると津軽安藤氏の遠祖は得宗御内人以外になります。それも鎌倉にいた人物であるはずです。これは『保暦間記』の記述や『諏訪大明神縁起』の記述とも矛盾しません。

十三湊往還説、アイヌと和人、蝦夷地の産物など様々な観点を交えて、室町幕府と蝦夷地の関りを検討します。

 

Youtube 蝦夷地と室町幕府

101_8-大島城1920 大学講師.jpg

1