日本史オンライン講座 秦野&松本

大学講師秦野裕介と高校教師松本恵司のコラボによる日本史オンライン講座。秦野先生が解説する「研究者と学ぶ日本史」、そこで学んだ知識を高校生向けにアレンジして松本が作った「高校生のための日本史」があります。
 090-5016-4520
お問い合わせ

更新記録

2019 / 08 / 27  22:27

高校生のための日本史講座 源義家と源氏の東国進出

源義家の動画を公開しました。

源頼信が平忠常の乱を鎮定すると平直方は源頼義を婿に迎え、河内源氏が関東の桓武平氏を統合します。源氏を父、平氏を母とした源義家はハイブリッド型の武将でした。義家は陸奥守として清原氏の内紛に介入し後三年の役を戦いますが、奥六郡は奥州藤原氏の支配が確立します。

2019 / 08 / 26  23:18

高校生のための日本史講座14 藤原道長「この世をば」

「この世をば・・」は有名な和歌ですが、和歌としての出来栄えはイマイチだそうです。だから、道長は書き留めなかった。千年後に「この世をば」といえば藤原道長の栄華で超有名・・なんてことになっていると知ったら、道長は西方浄土で苦笑することでしょう。

 

2019 / 08 / 25  08:54

承平天慶の乱 清和源氏・桓武平氏の出発点

保元の乱で、源義朝・平清盛が活躍し「武者の世」が始まりました。

治承寿永の内乱の主役となる清和源氏・桓武平氏・奥州藤原氏が武士団の基礎を固めたのは、940年代の源経基・平貞盛・藤原秀郷の時代です。彼らは承平天慶の乱で平将門・藤原純友を討伐し、朝廷から官職を経て軍事貴族へと成長していきます。

 

2019 / 08 / 24  10:56

研究者と学ぶ日本史 蒙古襲来絵詞(竹崎季長絵詞)

蒙古襲来絵詞は御家人竹崎季長が自らの体験を絵師に描かせた貴重な記録です。

絵詞の各場面を、服部英雄著「蒙古襲来と神風」を参考に、秦野裕介先生の知見を加えて解説していただきました。

高校や市民講座で日本史を教えている立場でいうと「こう説明すればよいのか」というヒントが満載の90分でした。

こういう講義を大学の先生にしてもらうと、中等教育・生涯教育の関わっている私などは大助かりです。

Youtube で見る

 

参考資料

『蒙古襲来絵詞』で学ぶ中世の武士像

2019 / 08 / 18  15:27

高校生のための日本史講座07 平安遷都

称徳天皇が崩御して光仁天皇が即位します。光仁の皇太子は聖武の皇孫他戸親王でしたが、他戸皇太子は廃されて、光仁の次期天皇は桓武になります。文武・聖武・孝謙と続いてきた天武系王朝は天智系王朝に交替したのです。

桓武天皇は新王朝の都をめざし、長岡京、続いて平安京を建設、794年平安京に遷都しました。

1 2 3
2019.12.10 Tuesday