日本史オンライン講座 秦野&松本

大学講師秦野裕介と高校教師松本恵司のコラボによる日本史オンライン講座。秦野先生が解説する「研究者と学ぶ日本史」、そこで学んだ知識を高校生向けにアレンジして松本が作った「高校生のための日本史」があります。
 090-5016-4520
お問い合わせ

更新記録

2019 / 10 / 22  20:38

高校生のための日本史34 蒙古襲来(元寇)

1266年、モンゴル帝国は南宋攻略の準備を進めていた。皇帝クビライは国書を日本に送り、日本との外交関係を樹立しようとする。

1268年、国書は大宰府を経て鎌倉に到着、北条時宗は返諜を行わないことを決定した。一方、後嵯峨上皇の朝廷はクビライ国書の真意を推察しつつ、北条時宗の意向に従った。こうして、日本がモンゴルと外交を樹立する機会は失われた。

1273年、樊城が陥落し、三別抄が鎮圧されて、1274年、文永の役が起こる。大蒙古国奉書と竹崎季長絵詞を見ながら、蒙古襲来を解説します。

 

 

2019.11.12 Tuesday