日本史オンライン講座

高校の社会科教師を退職して日本史を勉強しなおそうと思い、秦野裕介先生を講師に迎えて、日本史オンライン講座を作りました。木曜夜にZOOMでライブを発信し、週末に録画を公開しています。
 0794-85-2132
お問い合わせ

お知らせ

2021 / 11 / 15  18:02

保元の乱と藤原忠通

王家は鳥羽上皇から崇徳上皇へ、摂関家は藤原忠実から忠通を経て頼長に継承される予定でした。ところが、忠通に実子が誕生したことから、忠通は予定を変更しようとします。王家では、鳥羽上皇が崇徳に替えて寵姫美福門院の子、近衛天皇を継承者にしようとしました。近衛天皇が崩御し、鳥羽法皇が病になると、崇徳上皇と藤原忠実・頼長は既定路線の復活をめざしました。藤原忠通は美福門院と連携し、崇徳・頼長の復権を阻止するシナリオを描きます。そして、保元の乱が始まりました。

2021 / 11 / 13  11:00

伊達家Ⅱ 伊達輝宗の拉致事件

戦国大名家の歴史、伊達家の後半です。伊達輝宗が二本義義継に拉致され、二人とも生命を落とす結果になった事件に、伊達政宗はどのような関わっていたのか。伊達輝宗と伊達政宗の外交戦略の違いを絡めて秦野先生が解説します。

2021 / 11 / 11  11:11

後南朝の終焉と禁闕の変

初期のオンライン講座を再編集した「戦乱の歴史」シリーズ第2作。後南朝の終焉と禁闕の変です。後花園天皇の内裏に賊が押し入り神器を奪った禁闕の変。嘉吉の乱で滅亡した赤松氏は、後南朝から勾玉を奪い返すことで幕府に赤松氏の再興を認めさせようとします。

秦野裕介先生のブログ 禁闕の変は後南朝の復興運動ではない

 

2021 / 11 / 10  15:21

足利義教と嘉吉の乱

日本史オンライン講座は、新年には始めてからまる三年になります。近頃は、録画のパターンが確立して、内容・音質ともにレベルが一定になっています。

初期の頃は、試行錯誤の連続で雑音が入ったりしています。今は、講義+質疑応答を原則3回繰り返して、一回分の講座が終了。そこから、30分の動画を3本作っています。が、初期の頃は、数人がライブで対話しながらの90分という形式でした。雑音が入り音質は悪いのですが、内容は案外面白い。自動車でも、今のものより1960年代のブルーバードやスカイラインの方が魅力があるのと同じです。オーディオなど特にそうで、今の製品の方が良くできているけれども、真空管アンプやバックロードホーンスピーカーには個性があって、今でも人気があります。

YouTubeに公開しているのですが、ほとんど再生回数が伸びなくなった初期の動画を再構成して、オンライン講座を始めた頃の熱気をお伝えしたいと思います。

2021 / 11 / 10  15:16

本能寺の変の動画を作っての雑感

明智光秀謀反の理由は江戸時代から人々の興味の的となりました。怨恨説・野望説・大義説・黒幕説など様々な説が唱えられています。その変遷をまとめた動画をいくつか作りましたが、今回は、その集大成で雑感を交えた長尺物の動画を作りました。

1 2 3 4
2021.12.08 Wednesday